堂崎教会 


1879年創建/1908年改築。海辺に佇むこの教会は、明治6年禁教令解禁後五島に初めて建てられた天主堂で、長崎で殉教した二十六聖人の一人、ヨハネ五島を記念して創立されました。赤レンガのゴシック様式の天主堂内には、現在キリスト教弾圧時の様子をうかがえる資料が展示され、資料館とし残されています。教会前の広場は約6000年前の縄文時代前期の堂崎遺跡でもあり、冬から春頃にかけて天主堂横に珍しいマングローブ植物のハマジンチョウが薄紫色の可憐な花を咲かせています。    五島市ホームページより

banner_sample.jpg





ハマジンチョウ


ハマジンチョウが咲いていました。(4月22日)

ハマジンチョウ 県指定の天然記念物


堂崎

マングローブの一種。台湾、沖縄に多く生えていますが、暖流によって五島に運ばれてきたと考えられています。





堂崎

駐車場から教会までは、このような看板に案内をされ。

堂崎

帰りには・・・・

ちょっとこころが和みます。




  当 ブログへようこそ!!
   あなたが訪れたことを、お知らせください。

2013.05.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jhouse2010.blog100.fc2.com/tb.php/169-4473ce62