五島で、年に一度行なわれる祭礼。 「お大師さまの日」


三井楽町お大師さまマップ
IMG_20170417_132707.jpg
地域おこし協力隊 虎谷さん製作


旧暦で弘法大師の命日に祭壇を設え、お参りに訪れる人たちにご馳走を振舞たり、
子供たちには袋菓子を配る「お大師さんのお接待」という習慣がある。
IMG_20170417_142136.jpg


手作り精進料理のお接待
IMG_20170417_113102.jpg

たくさん用意をされていました。
IMG_20170417_113517.jpg


弘法大師空海が高野山奥の院の地でご入定なされた3月21日(旧暦)に大師さまをお参りし、
お接待をいただくのが「お大師さまの日」です。

近年、お大師様のお接待は全国的には姿を消しつつありますが、
この消えゆく伝統行事「お大師さま」は今でも五島の島人の中では根強く行われています。

島のお接待は、先人達から受け継がれた「おもてなし」の原点なのかもしれません。

地蔵堂や民家にて「お大師さま」を行いますので、子供たちもお接待を受け、
お菓子をたくさん胸にかかえている姿を目にします。

お堂には、雛壇に弘法大使像を祀り、お餅、煮しめなどを供え、供物を草花や山ツツジなどで色鮮やかに飾り、それはまるで雛祭りの祭壇のようです。

804年、遣唐使船が福江島に寄泊後、弘法大師空海は唐に出発したとされています。
遣唐使船の最終寄港地となった福江島・三井楽町には空海の書を引用した「辞本涯(じほんがい)の碑」が建っています。

弘法大師空海とのゆかりが深く根付いている五島をめぐり、
今なお続く「お大師さまの日」を実体験してみてはいかがでしょうか。

  [五島八十八カ所札所巡り より    http://goto-acros.net/fudasyo/]
 

  NPO法人アクロス五島          http://goto-acros.net/




当ブログへようこそ!!
あなたが訪れたことを、お知らせください。

2017.06.08 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jhouse2010.blog100.fc2.com/tb.php/233-28952df4